Web開発のデザイナーはどんな仕事をするの?

Webデザイナーとは、Webサイトをデザインするデザイナーのこと指します。
Web開発の流れとしては、たとえば顧客から依頼があるとWebディレクターが打ち合わせをして、どんなサイトにするのかを決めていきます。ある程度のイメージができた段階で、Webデザイナーにデザインのイメージを伝え、それを基にデザインソフトを用いてWebデザインを作り込むのです。
そして、デザインが完成したら顧客にチェックしてもらい、修正点を洗い出してまた作り込んでいくのが、一般的なWeb開発の流れです。

最終的に顧客から許可が降りたら、基本的にWebデザイナーの仕事はそこで終わります。Webデザイナーは、あくまでデザインが仕事であり、Web開発はあまり行いません。
ただし、会社によってはデザインだけでなく、開発を行う場合もあります。そのため、近年ではHTMLやCSSの言語を使い、Web構築する知識が求められているようです。

Webデザイナーが直接顧客と打ち合わせをする場合もありますが、大きな会社ではそれぞれの役割がしっかりと分かれていることが多いです。デザインだけの仕事や、デザインを基に実際にWebサイトを作り込むコーダー、総合的にWeb構築するWebエンジニアなどに分かれます。
しかし、小規模なWeb開発の会社では、そのようなことがありません。
Webデザイナーでも、プログラミング言語やマーケティングなど、幅広い知識を持たないといけない場合があります。