Webに携わる技術者に必要なスキルとは

Webエンジニアの仕事は、案件で必要になるシステム要件を整理したうえで、Web開発をすることです。設計書に基づいてプログラミングを行い、そのシステムが正しく動作するかテストし、納品します。
そのほか、設計や顧客対応などの上流工程に関わり、プログラミングだけの下流工程を行うプログラマーとは異なります。とはいえ、もちろんながらプログラミングスキルも必須となるスキルです。
また、営業担当者や顧客と頻繁にやり取りすることもあるため、スムーズなコミュニケーションスキルが求められます。

一方、Webデザイナーは仕事の範囲が幅広く、CSSとHTMLのコーディングから、総合的なデザインまでさまざまです。HTMLとCSSのコーディングのスキルはなくてもいい場合もありますが、持っていたほうが仕事の幅が広がります。
さらに、JavaScriptやPHPの知識があると、エンジニアに頼まなくても自分でプログラミングできるため、ニーズは高くなるでしょう。もちろん、PhotoshopとIllustratorに関するスキルは、Webデザイナーには欠かせません。
Webデザイナーは、過去にやってきた仕事のポートフォリオや実績が重要になります。デザイン力が問われるので、自分の実績をまとめておくといいでしょう。

なお、WebエンジニアもWebデザイナーも、学歴より実績や経験がものをいう仕事です。常に着実に実績や経験を積んでいくことが、仕事を続けていくうえで大切です。