どちらを選ぶかで迷ったときの対処法

Web業界で働きたいと考えたとき、WebデザイナーとWebエンジニアのどちらになるかで迷う人も少なくありません。
どちらも異なる魅力があり、それぞれに必要な知識や技術があるので、両方を目指すのは困難な場合がほとんどです。どちらがいいかで迷ったら、自己分析をして適性がある方を選ぶといいでしょう。
自己分析に重要なのは、どんな考え方で物事に取り組んでいるかを見極めることです。その違いによって、WebデザイナーとWebエンジニアのどちらに適性が高いかを判断することができます。

一般的な傾向として、センスや直感を大事にしている人は、デザイナーとして開花する素質があります。
デザインは論理によって作り上げることもできますが、最終的な仕上がりはデザイナーのセンスによって左右されるものです。もともと自分の感覚を大事にしてきた人なら、直感的にデザインを考えることによって、より多くの人が目を見張るようなWebデザインを行えるようになるでしょう。

一方、論理的に物事を考えて組み立てるのが得意な人は、エンジニアとして活躍できます。プログラミングのように論理的な演算を行っていくことで、想定したように稼働するWebを開発するのがエンジニアの仕事だからです。
物事を筋道立てて話すのが得意な人や、いろいろな情報を集めて合理的に説明できる形で物事を決められる人は、エンジニアとしての素質があります。センスよりも論理という人は、Webエンジニアを目指すのが賢明です。
ちなみに、どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニアでもわかりやすく説明されていたので、こちらも確認しておくといいでしょう。